Browse Month by 2月 2020
通信制高校

通信制高校では通学日数は決まっているのか?

こんにちは!名古屋市北区在住のHarukaです。

今日は、通信制高校の通学日数についてお話ししていこうと思います。

通信制高校と全日制高校の大きな違いの中に、毎日通学するかしないかがあります。全日制高校は皆さん知っているように、月~金まで毎日通学して授業を受けますよね。

しかし、通信制高校は基本的に自宅での学習がメインになりますので、毎日通学する必要はないわけです(ノ゚ο゚)ノ

通信制高校の学習方法はレポートの提出が基本になります。自宅で学習を行いながらレポートを提出して先生から合格をもらうことで単位が取得できる流れになっています。

そして、卒業に必要な単位数を獲得することで高校卒業の資格を得ることができるわけです。それなら、「通信制高校は全く学校に通わなくて良いのか?」、といわれるとそうではないのです。

通信制高校 通学日数

出典:photo-ac

 

通学日数は学校によって違う

通信制高校の通学日数は学校によって違いがあります。通信制高校では、学校に登校して授業を受けることを「スクーリング」と呼びますが、これは学校によって意味合いが少し違ってきます。

通学日数とスクーリングを別々に設けている学校もあれば同じ扱いにしている学校もあるのです。本来、スクーリングは面接指導といいますからね。

通学することに変わりはないのですが、ほんの少しだけ意味合いが異なるのです。一般的には登校日数は週1日~で、スクーリング日数は20日程度としている学校が多いでしょうか。

中にはスクーリング日数を最小限に抑えて、できるだけ生徒の自由な時間が作れるようにしている学校もあります。

対して、週5日通学となっている全日型の学校もあります。全日制と同じように週5日間通学して授業を受けて、レポートを提出することで単位を取得していきます。

高校生活を楽しみたい方は全日型を選択するようですね。その他では、学校に通うのが難しい方向けに、複数の学習スタイルを用意している学校などもあります。

どのスタイルを選択するにしても、自分が無理なく学習できる環境に身を置くことが大切になりますし、一番ストレスなく過ごせると思います(*^-^)

自分が通いたい学校を見つけたら、まずは資料請求をしたり学校見学に行くなどして、自分に合っているかどうかを確認するようにしてくださいね。ではまた。

通信制高校

主婦でも通信制高校に通えるのか?

はじめまして!

名古屋市北区在住の主婦のHarukaです。

現在は夫と二人暮らし。結婚して1年半になりますが子供はまだいません。日中は駅近のスーパーでパートをしています。

まずは簡単に自己紹介させてもらいましたが、実はわたし、何を隠そう「通信制高校の出身者」なんです。

出典:photo-ac

通信制高校というと何処かしら偏見があって、不登校だった人や勉強が苦手な人が行く高校というイメージを持つ人も少なくないです。

確かに普通からすれば全日制高校に進学するのが一般的ですからね。しかし、学習の形式や卒業するための条件が異なるだけでその他は特に変わりませんし、高校卒業資格だって全く同じなんですよ。

このブログを見ていただいて、少しでも通信制高校のことを分かってもらえれば嬉しく思います(^_^)

早速ですが今日は、私が主婦ということもあり、タイトルにもあるように「主婦でも通信制高校に通えるのか?」について話しをしていきたいと思います。

現在の主婦のパート事情を見ると、中卒では働くのが難しくなっているのが現状です。そんなことから、通信制高校を目指す主婦が増えているのです。

通信制高校も全日制高校と同じように、公立と私立がありますが、特に公立の通信制高校には、幅広い年齢層、様々な事情を持った方が通われています。

お子さん連れの主婦の方も珍しくなく、実際に託児所が設備された通信制高校もあるくらいなんですよ。(>▽<)

ただ気になるところが、「家事や子育てをしながら卒業することができるのか?」という点ですが、通信制高校というのが本来働いている人向けの高校になりますので、働きながらでも卒業できるカリキュラムとなっているので安心してください。

なお、通信制高校は、以前全日制高校に通っていて何らかの理由で退学していた場合、高校で取得した単位と在籍期間を引き継ぐことができます。

単位の詳細については、退学した高校から単位修得証明書を発行することができますので、退学した高校に確認するようにしましょう。※注 退学から20年以上経っている場合は、記録が残っていないことがあります。

名古屋にも主婦の方が安心して通える通信制高校はありますので、気になる方はいろいろな通信制高校を確認して比較検討してみてくださいね。ではまた。