通信制高校

通信制高校の通学日数はどれくらいなの?

こんにちは。

名古屋市北区在住の主婦のHarukaです。

通信制高校と全日制高校の大きな違いは、毎日通学するかしないかです。

全日制高校は皆さん知っているように月~金まで毎日通学して、クラスで授業を受けますよね。

しかし、通信制高校はそれがなく、基本は自宅で学習を進めていくことになるので、毎日通うことはありません。

通信制高校の学習方法はレポートの提出です。これはまた次の機会に詳しく書きますが、このレポートを提出し、先生から合格をもらうことで単位を取得していきます。

そして、卒業に必要な単位数を獲得すると卒業資格がもらえます。

では、通信制高校の場合は学校に通わなくても良いのかといわれるとそうではありません。

通信制高校の登校日数は学校によって違う

出典:フォトAC

通信制高校の登校日数は学校によって違いがあります。

通信制高校の生徒が登校することをスクーリングと呼びますが、これは学校によって意味合いが少し違います。

登校日数とスクーリングをわけて設けている学校もあれば同じ扱いにしている人もいます。

本来スクーリングは面接指導といいます。

なので、登校と誓いは近いですが、ほんの少しだけ意味合いが異なるのです。

一般的には、登校日数は週1日~でスクーリング日数は20日程度としている所が多いでしょうね。

中にはスクーリング日数を最小限にして、できるだけ生徒の自由な時間が作れるようにしてくれている学校もあります。

対して、週5日通学の全日型の学校もあります。これは、全日制と同じように毎日登校して授業を受け、レポートを提出することで単位を取得する方法ですね。

高校生活を楽しみたい生徒は全日型を選択するようですね。

ただ、中には学校に通うのが難しい生徒もいるので、そういう人の為に複数の学習スタイルを用意している学校もあります。

どちらを選択するにしても、自分が無理なく学習をすることができる環境に身を置くのが一番ストレスなく過ごせるので良いと思います。

まずは、自分が通いたいと思う学校を見つけて、資料請求をしたり、話を聞きに行ったりして、自分に合っているかどうかを見極めることが大事だと思います。

ではまた。